学会誌案内


投稿規定


(1) 本誌は,社会精神医学およびその周辺領域に関する学術論文(原著),症例報告,資料などを掲載する。

(2) 投稿は,日本社会精神医学会会員(共著者を含む)に限り,他誌へ未発表のもののみ受け付ける。

(3) 原稿の採否は,編集委員会の審査によって決定される。

(4) 投稿論文は全て研究論文とみなし,編集委員会選定の査読者による査読と編集委員会の審査を経て掲載される。なお,研究論文には,以下の分野を設ける。原著論文,総説,展望,実践報告,資料論文などの区別を明記する。

  1. 原著論文
    ・オリジナリティに富み,主張が明確に表明されている論文であること。
    ・論文の形式は,緒言,研究対象および研究方法,結果,考察,結論,引用文献の順とする。
  2. 総説
    ・社会精神医学上の問題について最近における内外の知見を総論的に記述するか,あるいはそれに基づいて著者の見解を展開するもの。
    ・論文の形式は,著者の裁量に任せるが,引用文献の記載方法などは規定に準じるものとする。
  3. 展望
    ・編集委員会が決める社会精神医学に造詣の深い方に執筆を依頼する。論文の形式は総説に準ずるが,査読者による査読と編集委員会による審議を経て掲載される。
  4. 実践報告(フィールドワークレポート)
    ・原著論文の投稿規定に準ずるが,臨床的実践に関する論文とする。
  5. 資料論文
    ・オリジナリティは「実践報告」ほど高くなくとも,社会精神医学領域におけるさまざまな調査の報告など,臨床的に資料的意味を持つと考えられる論文を「資料論文」として掲載する。
  6. 症例報告
    ・広く社会精神医学の分野における有意義な症例報告を研究論文として掲載する。
    ・400字詰原稿用紙20枚以内を原則とする。図表はそれぞれ1枚として枚数に含める。プライバシーの保護に細心の注意を払い,症例の記載を行うこと。投稿に際しては本人(未成年者はその代諾者)の承諾を得て,その旨を本文中に記載すること。固有名詞についてはイニシャルではなく,単純にA,B,Cなどで記載する(例:A区,B大学)。申請者が主治医になった年をX年とし,X-1年,X+3年などの表現を用いる。月日については必要に応じて記載する(例:X-3年8月29日)。

(5)投稿に際しては,編集委員会宛カバーレター(書式自由),連絡表,共著者全員の署名捺印を得た投稿承諾書(投稿規定別紙参照),論文とそのコピー(3部)を同時に送付すること。論文は,表題,著者の氏名・所属,投稿責任者(corresponding author)氏名および所属(連絡先)e-mailアドレスの順で書き,それぞれに英文を付ける。論文内容を表す検索用のキーワード(Key words)を日本語(その英語訳)で5個以内を付記する。また,日本語の論文の要旨(600字以内)と,英文抄録(800ワード以内)を付ける。論文要旨は,目的,対象と方法,結果,結論に,英文抄録はAims,Methods,Results,Conclusionsに分けて構造的に記載すること。なお英文抄録は日本語を解さない読者のために,本文内容を十分反映したものであることが望ましい。そのため,必ずしも和文抄録の訳文である必要はないが,本文とは乖離しないこと。

(6) 投稿者は,投稿者の責任において,英文抄録については投稿前に必ずネイティブチェックを受けること。本誌では,掲載に際して英文タイトルと英文抄録の質の向上と標準化のため,原稿受理決定後に本誌が契約する医学英語専門家による英文編集を行う。

(7) 印刷の段階で組み頁で8頁(400字詰原稿用紙30枚程度)以内は無料で掲載する。カラー印刷などはこの限りではなく,実費を別途請求する。これを超す場合は,有料掲載(1頁超過につき15,000円)とする。図,表も組み頁で算出する。ただし,編集委員会より依頼した寄稿論文についてはこの限りではない。

(8) 図表は,必要なものを厳選し,いずれも1枚の用紙に1枚の図または表を書く。なお,本文原稿の欄外(右側)に,図表の挿入箇所を明示する。

(9) 引用文献は,原稿の終わりに,著者名のアルファベット順に並べる。雑誌名は略称でよいが,外国誌についてはIndex Medicusによる略名を用い,省略記号は付けない(記載例を参照のこと)。
著者,編者または訳者が3名以上の場合,最初の3名までを記載し,そのほかは他(邦文),et al.(欧文)と記載する。

記載例:
1) Baruk, H.:La Psychiatrie Social(秋元波留夫,鳥居方策訳:社会精神医学).白水社,東京,1960
2) Benedict, R.:Anthropology and the abnormal. J Gen Psychol 10:59-80, 1934
3) Bron, B.:Drogenabhangigkeit und Psychose. Springer-Verlag, Berlin, 1982
4) Dilliag, H., Weyerer, S.:Social Class and Mental Disorders. In:Angermeyer, M.C. (ED):From Social Class to Social Street. 46-63, Springer-Verlag, Berlin, 1987
5) 加藤正明:社会変動と精神医学.精神医学13:1128-1132, 1971
6) 大原健士郎:日本の自殺,孤独と不安の解明.誠信書房,東京,1965
7) 佐藤壹三:社会精神医学の位置づけ.懸田克躬,大熊輝雄,島薗安雄他編;現代精神医学体系23A,43-73,中山書店,東京,1980

(10) 著者校正は,原則として初校1回とする。

(11)掲載後の原稿(図表を含む)は,原則として返却しない。

(12)別刷は,50部単位で実費とする。希望部数を,校正刷り返送時までに申し出ること。

(13)原稿の送り先(書留郵便で,原稿在中と表記すること)および投稿に関する問合わせは,下記の編集連絡先宛に行うこと。

(14)倫理的配慮について
論文執筆にあたっては,症例の匿名性,情報の管理,倫理的側面に十分に配慮すること。
研究実施機関の倫理委員会の承認を得ている研究については,その旨を本文中に明記すること。倫理委員会が設置されていない施設からの投稿では,(1)投稿時のカバーレターにその旨を記載し,(2)本文中にどのような倫理的配慮をしているかを明記すること。

(15)著作権について
本誌に掲載された論文等の一部ないし全部の記載,複写およびインターネットを介するデータベースへの取り込みと公表に関する著作権および許諾権は,日本社会精神医学会に帰属する。なお,上記について著者自身の使用を拘束するものではない。

(16)他著作物からの転載について
他著作物からの転載については,出典を明記すること。なお,原出版社および原著者の許諾が必要となる場合は,著者自身の責任において,あらかじめ許諾を得ること。

学会事務局

投稿承諾書PDF