日本社会精神学会の経緯・沿革


経緯・沿革


 a. 設立に至る経緯
 1966(昭和41)年、日本精神神経学会の第63回総会におけるシンポジウム(分科会)において「地域精神医学-その理論と実践-」が取り上げられたことを契機に、1967(昭和42)年に地域精神医学会が発足し、精神科医等が参加して、各地での精神衛生実践や地域ケアの技術論が熱心に討議された。しかし、地域精神医学の技術と理念をめぐっての混乱が表面化し、日本精神神経学会における紛争をも反映して、第6回学術集会1972(昭和47)年に地域精神医学会は中絶状態に至り、社会精神医学領域の研究も停滞した。

b. 前身があれば、名称とその期間
 欧米やWHOを中心に、社会精神医学研究の推進の必要性が世界的に高まり、精神科医を中心とした、精神障害の心理社会的・疫学的研究と精神科医療の実践に基づいた調査研究を発表および研究交流の場として、1978年から雑誌「社会精神医学」が刊行されるようになった。そして1981(昭和56)年4月、千葉県市川市の国立精神衛生研究所で、社会精神医学領域の研究を推進し、その進歩・発展・普及に貢献することを目的として、「日本社会精神医学会Japanese Society for Social Psychiatry, JSSP」が発足した。

c. 設立後の経緯としての主要な事項
 本学会は、1981年4月から毎年学術集会を開催し、1993年に学会機関誌「日本社会精神医学会雑誌 Japanese Bulletin of Social Psychiatry」を発刊、2007年3月には横浜にて第26回 学術集会を持つに至った。現在、正会員1250余名の学会として、加藤正明東京医科大学名誉教授(故)、佐藤壱三元千葉大学教授、大原健士郎浜松医科大学名誉教授(故)を歴代理事長として、2010年4月より現理事長に至っている。  2012年4月2日からは、一般社団法人 日本社会精神医学会として新たな歩みを始め、発足役員16名(理事長1名・副理事長4名・理事9名・監事2名)と、学会評議員により運営される事となった。