日本社会精神医学会雑誌バックナンバー

日本社会精神医学会雑誌バックナンバーの販売も行っております。
購読お申し込みはこちら


第28巻 第2号(2019年) 目次


巻頭言変化するこころと社会川嵜弘詔 p114
特集「国際疾病分類第11回改訂版(ICD‒11)の社会精神医学的意義」 特集にあたって 水野雅文 p116
  ICD‒11の臨床的有益性と全体的構造 丸田敏雅,松本ちひろ p117
  ICD‒11とDSM‒5の対比と社会的背景・疾病化 須田史朗 p129
  ICD‒11における依存と嗜癖の概念再編 宮田久嗣 p139
  ICD‒11:パーソナリティ障害と秩序破壊的または非社会的行動症群─精神病理学的視点の再考 安藤久美子 p147
  複雑性PTSDの位置付けと社会精神医学的意義 小西聖子 p159
  ICD‒11の中の認知症 數井裕光,上村直人,赤松正規,掛田恭子,須賀楓介,樫林哲雄 p167
  ICD‒11における睡眠─覚醒障害の位置づけと課題 三島和夫 p175
  性同一性障害が精神障害のカテゴリーから外された意義 松本洋輔 p183
  ICD‒11における急性ストレス反応:その臨床的意義と有用性について 前田正治 p193
  ICD‒11における文化結合症候群の位置づけと今日的意義 西依 康,加藤 敏 p198
  伝統医学Traditional Medicine Conditions‒Module Iの意義と意味 北田志郎 p207
  医師以外の職種がICD‒11を臨床でどのように使用できるか─心理職の立場から─ 山内 彩,尾崎紀夫 p215
第38回日本社会精神医学会(京王プラザホテル) 「第38回日本社会精神医学会」印象記 衞藤暢明 p225
  第38回日本社会精神医学会 優秀発表賞 小山明日香,鈴木航太,塚本正太郎 p226
連 載これから論文を書く人のための統計の使い方と報告の仕方(第27回「ポストP<0.05時代」のための統計学-ベイズ統計を理解する-(その12 時系列解析2)) 立森久照 p229